月別アーカイブ: 2011年11月

Lionでhomebrewを用いてOpenCV2.3.1aを入れる

既にOpenCV2.2をhomebrewで入れていましたが、なんとなく2.3にしてみました。
※実際にinstallしてから時間が立ってるので、うろ覚え状態で書いています

環境はMacOS Lionです。SnowLeopardではどうなるか検証していません。

というわけでまずはFormulaの更新から

brew update

これでopencv2.3.1のFormulaがダウンロードできるようになるはず

そして、次にFormulaの編集
そのまま「brew install opencv」してもmakeで失敗するんですよね…

失敗したらここみたら解決するんじゃね?って アドバイスがでるのでそこを見て解決
(たしかGitのフォーラム?)

ということで、Formulaの修正を行います。

brew edit opencv

そして、下記の点をエディタ(vim)で修正

 

def install
ENV.x11

 

def install
ENV.x11

ENV.append “CFLAGS”, “-I/usr/X11/include” # env.x11 does not add this line
# ENV.append “CPPFLAGS”, “-I/usr/X11/include”
ENV.append “CXXFLAGS”, “-I/usr/X11/include” # env.x11 does not add this line
args = std_cmake_parameters.split
args << ” -DOPENCV_EXTRA_C_FLAGS=’-arch i386 -m32′” if ARGV.include? ‘–build32’

編集したら保存してエディタを閉じ、インストールへ

brew install opencv

 

これで入るはず…