openFrameworks 0080でディスプレイがなくてもアプリを起動させる方法

openFrameworks 0080からglutからglfwに変わったせいか、モニタが接続されてないとアプリが起動しない不具合が発生中

MacMiniでモニタなしでアプリを動かそうとしてたらアプリが起動しなくて焦ってました。
そしてアプリ起動中にモニタが外されたりするとアプリが不正終了するようです。

そこで対処療法的な処置をしてみた。

(0080から次のバージョンで解決されそうですが。)

 

簡単にいえば、VGAダミープラグを作るだけ。

【必要なもの】

・Mini DisplayPort – VGAアダプタ

・抵抗 75Ω ×3本

(参考ページ:http://soerennielsen.dk/mod/vgadummy/

 

参考ページのURLにあるように抵抗を差し込むだけで終わり。
簡単でした!
一応ビニールテープなどで抵抗同士が接触しないように絶縁しておけばいいかなと

抵抗刺しただけのVGAアダプタで0080でビルドしたoFアプリの起動を確認

あんまり需要は無いとは思いますが参考までに…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です