【OpenCV】MacOSにOpenCV 2.2を入れる

MacOSにOpenCVを入れたときのことを思い出しながら記述

MacOSにOpenCVを入れる場合、やり方は二つ
・ソースからビルドしてインストールする方法
・Mac Portsを用いてインストールする方法

圧倒的に後者が楽なので、こちらを採用

まずはMacPortsのパッケージを以下から手に入れてインストール
http://www.macports.org/

インストールが終わったら、MacPortsを更新する
ターミナルから以下のコマンドを入力

sudo port selfupdate

更新が終わったら、OpenCVをインストールする

sudo port install opencv

以上のコマンドの実行が終了したらインストール終了
MacPortsを用いたOpenCVのインストールは簡単ながらかなり時間がかかります
その辺りだけ覚悟する必要があるかも…
(Windowsならインストーラーでサクッっと終わるのに><;)

※ちなみにMacPortsでインストールされたOpenCVは以下の位置にあります
サンプルやドキュメント等 /opt/local/share/opencv/
ライブラリ /opt/local/lib/
ヘッダー /opt/local/include/opencv2/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です